当社へ発注するメリット

JPPA以外の他社は、ただダビングしているだけ?

それは、当社がJPPA正会員社で厳密な信号管理を行っているから。
(放送局に搬入後、技術基準で不合格にならないため)

他社の安価なサービスを利用し、放送局側で不合格になり、当社で映像信号を再修正される場合が、多々あります。

その理由は他社は「ただ、ダビングしているだけ」だからなのです!

また、ラウドネス基準を守らず入稿していることも多く、他社で搬入戻しが行われ、当社で調整しなおしています。

そしてXDCAMで重要なのは、メタデータ(XML)を格納することです。
当社のXML制作ツールは、全民放局と整合性を確認しているため、不合格になることは100%ありません。
安い理由はあるのです!


 

放送局に納品するための技術基準は、こちら
(放送局様、取引制作会社様のみ閲覧可能)

 

 

 

解説:ティーファイブプロジェクト(2018.9. 現在)

測定機材: Leader製 LV5770AマルチHD-SDIモニター