当社独自の複数CM⇔納品CM変換サービス


複数のCM(メタデータ含)を1枚にして保存用XDCAMへ(XDCAMのみ)

複数CMが記録されている保存用XDCAMディスクを、放送局納品用XDCAMディスクへ(XDCAMのみ)

オンラインCM入稿にも対応(XDCAMのみ)


デジタイズ 映像変換 テープ変換 XDCAM HDCAM  Grass Valley HQX Apple final cut pro ProRes 422
複数CMの入ったXDCAMディスク作成(保管向け)⇔ 納品用XDCAMディスク作成のワークフロー

放送局に納品するCM1CMにつきXDCAMディスクは1枚です

ただし、各放送局の番宣素材や PR素材は、複数コンテンツを1枚のディスクに収めて納品してもOKです。


 次のような事例で、複数CMディスク(保管用)⇔納品CMディスクの変換が可能です。

 

●代理店・制作会社さまで、1CM=1ディスクの管理だとディスク枚数が多くなり、保管用として1枚にしたい

●同商品名のCMでバージョン違いが多数あり、1枚のディスクに まとめて保管したい

●過去に放送したHDCAMのCM映像をXDCAMに複製・メタデータも作成し、二次利用に使いたい

●すでに、1CM=1ディスクのXDCAMマスターが大量にあり、1枚にまとめて保管用にしたい。

●1枚にまとめた複数CMのXDCAMディスクの中から、1CM抜出し納品用CMのディスクに変換して放送局へ納品したい

 

 

などの要望にお応えした画期的なサービスです。

そのまま、オンラインCM送稿にも使用できます(ハッシュファイル生成は別途)

 

注)

このシステムは、弊社独自のシステムです。

当社で複数CMを1ディスク化したものは、自動化され、瞬時に納品ディスクが作成可能ですが、

他社で複数CMを1ディスク化したものは、互換性がないため、弊社では手動作業になり割高・時間がかかります。

※メタデータ(XML)に整合性が取れていないと、NGとなり、生成できません。

※ここで言う互換性とは、作業上のシステム互換であり、XDCAMディスクの互換性が無くなるものではありません。

 ソニー製XDCAM機器全てに再生・編集互換性があるのでご安心ください。

 

 

複数CMを 1ディスク化する際、また 納品ディスク作成を当社で行うと、即日で対応可能です。

(納品コピー枚数が非常に多い時は時間がかかります)

※XDCAMフォーマットは、新XDCAMフォーマット対応のCM入稿形式のみです

※1枚のXDCAMディスク(一層)に、15秒CMが、約30本入ります

項目

CM費用(120秒まで)

納品フォーマット 

1本化作業(1Discに複数CM)※

5,000-/件 XDCAM

複数CM抜出し納品ディスク化

5,000-/件 XDCAM

新XDCAMフォーマット修正

15,000-/件 XDCAM

クレジット画面修正

5,000-/件 XDCAM

ラウドネス修正

10,000-/件

 

XDCAM

パカパカチェック
(ハーディングチェック)
証明書付き。即納

CM=9,000-/回
PV=15,000-/回

XDCAM

メタデータ修正

5,000-/件

XDCAM

ハッシュファイル生成
(オンラインCM入稿のみ)

3,000-/件

XDCAM

コピー(プリント)費

4,000-/本

XDCAM

XDCAMプロフェッショナルディスク(CM納品用)メディア代

3,000-/枚

XDCAM

チェック用DVD作成

3,000-/枚

DVD

※欄は、当社で複数CMの1本化作業を行った時の費用です。他社で1本化して抜出す場合は、別途かかります。

※リピートのお客様へ

XDCAMプロフェッショナルディスク(CM納品用)のメディア代は、初回のみかかり、

当社に返却されると、2回目以降は、メディア代の負担額がセロになりますのでお得です!


CM クレジット 作成例(画面のみ)

cm メタデータ クレジット xdcam
クレジット画面作成例

■XDCAMは、クレジット画面のほかに、正確なメタ情報(XML)を記述する必要があります。

■複数CMを1枚のXDCAMプロフェッショナルディスクへ格納しても、MXF動画データ、

 および、XMLメタデータは、すべて紐づけられており、オンライン入稿にも対応しています。