テレビCMオンライン送稿 受付窓口


アドストリーム adstream adline オンライン搬入 CMオンライン搬入 オンライン CM入稿 ティーファブプロジェクト CMdeko CMハーバー

制作会社負担のプリントコスト減 →  全国の民放各局へデータ入稿

株式会社ティーファイブプロジェクト(当社)は業界で唯一、国内の大手サーバーを使用した、CM オンライン 入稿で柔軟な対応が可能で、安定的に24時間、365日、搬入が可能です。


※原則オンラインは、放送日の3営業日前までに送稿しなければなりません。
チェックを含め当社には、1週間前に入稿するようにしてください。

 

 

1局だけでもオンライン搬入可能になりました

---------------------------------------------------------------------------

<<従来の XDCAM ディスク 納品は、こちら>>
XDCAMディスク入稿でも、非対面で対応可能)

---------------------------------------------------------------------------

なお、HDCAM 納品は、2021年度で終了になり、XDCAM or オンライン搬入になります。



当社のテレビ CM オンライン 入稿の特長


・他社は、局のマスター設備まで把握していないため、失敗が多い。(当社はすべてに合格)

・他社は、ソフトウェアでMXFを生成しているため、画質や、最悪フィールドまたぎが発生し、不合格になる

 (当社は目視で、ソニー社のステーションサーバーでベースバンドで必ず確認)

・QCチェック・パカチェック・画飛び、ノイズなどはソニー製ではなく、マスター設備と同じ設備を使用。
 (ソニー製のQCチェックはマスター設備では使用されず、不合格になることがあるため

・他社は、将来、テレビ報道素材入稿や、番組入稿なども難しく、アーカイブなどの二次利用ができない。

つまり、

テレビ放送局のマスター送出設備と全く同じ仕様で、CM送稿が安全に出来、

つき返しがない!

ということです。

お急ぎの場合、遅くても約数分で全国の民放局に到達します。

(※マスタリングには時間がかかります)

 

★テレビCMオンライン搬入が優れている点

①昨今の新型コロナウイルス感染症などの疫病発生時に対するリモートワークでの省力化

 (代理店・放送局の送稿、搬入担当者の負担減)

②豪雪や水害といった物理納品が不可になった場合の対応が、迅速に可能

③プリント費の大幅軽減・制作会社の負担減

④すべてノートパソコン1台でリモートワーク(外出先・自宅作業など)可能
 ※ポスプロ作業は、専用の機材が必要です。

 

▲テレビCMオンライン入稿の短所XDCAM物理メディアの方が良い点)

①サーバー攻撃による、納期遅延や映像データ・取引先情報の漏えい

②ネットワーク障害や、災害・テロ・有事による停電などで、納期遅延・搬入不可になる可能性

(災害とは、地震・津波・噴火・竜巻・台風などの水害・豪雪、落雷などを指します)

③自社で使用しているPCの故障やログイン情報不明で進行が滞る点

XDCAM物理入稿は、WEBの知識がなくても、配送業者に渡すだけの簡便さで納品ができる
⑤送稿業者が倒産した場合、過去のデータが全て消失する恐れ(特に外資系)

 (当社は、唯一国内で展開している大手サーバーと契約していますので安全です)

 (当社のサーバーは、民放局全ての送出システムを手掛けているため、トラブルがありません)
⑥広告代理店とEDI 契約がされていないとオンライン送稿不可。(代理店 無し入稿は不可)

⑦操作を誤って二重送信すると、費用が倍になるリスクがある。(現に同様の事が発生している)

※オンライン送稿ができるのは、CMのみです。番組は出来ません。


<テレビ CM オンライン 搬入 発注方法>


CMを10局以上放送すると決定し、媒体扱い広告会社または、制作扱い広告会社が決定しましたら、

オンライン送稿ご希望の代理店および、制作会社さまは、当社にご連絡下さい。

注)2021年3月末にHDCAM(-SR)は、局入稿受入れ終了。以降、XDCAMだけになります。

※4KCMや、HDテレビ番組は、オンライン搬入できません。XDCAMの物理メディアでの納品です。

解説:ティーファイブプロジェクト 放送進行部