テレビCM 入稿に際し、ご用意頂くもの

CM 納品・民放連基準・XDCAM(MXF & XML)・HDCAM 変換


<民放連・業協さまより重要なお知らせ【決定事項】>
 HDCAMでのCM・番組入稿は、2021年度で終了。
 2021年4月から、XDCAM での入稿のみになります。

放送局に納品するCM1CMにつきXDCAMディスクは1枚です


注意)2021年03月に改訂された最新バージョンのXML(メタデータ)に対応しています。

 


近年、テレビ番組や、CMのメタデータの付与が重要視されており、テレビCMの入稿に際し、

必ず、CM納品基準に沿って、ご準備していただく事柄があります。

 

 

1)10桁コード(広告主さまが、取得されてない法人さまは、こちらから取得するよう要請してください)

2)メタデータ情報(XML)

3)まず、申し込む際は、上記が揃っていることを確認して、こちらより、お問合せください。


テレビCM や テレビ番組の音声処理について


cm メタデータ クレジット xdcam 4k uhd 4k変換  HDCAM HDCAM-SR XDCAM BETACAM デジベ ベーカム ベータカム シブサン umatic  Uマチック hi8 hi-8 ハイエイト ベータマックス ベータハイファイ βcam  8ミリビデオ d2 d1  1インチ vtr
ノンモン処理すること
放送用テレビCMや番組は、ラウドネス基準がありますが、意外と周知されていないことがあります。
それは、
本編の前後に、15フレ(半秒)のノンモンを作ることです。
これは、完全に違う種類の映像コンテンツが繋がれる場合、
たとえば、
番組OP▼→<▼CM1▼>→<▼CM2▼>▼番組本編▼→
となっている場合、
▼の部分に、全て15フレ(半秒)のノンモンを作らなければいけません。
▼と▼の間は、要するに、1秒のノンモンが生まれます。
そうすることによって、
視聴者が、番組とCMの間の切れ目が、分かるようにするためです。
音がつながっていると、番組中なのか、CMなのか、音で判断できなくなるからです。
また、技術的にも、送出が若干遅れて、放送事故ならないよう、無音部分を作って
いるのです。
 
解説: 株式会社ティーファブプロジェクト