各種、HD映像ファイル形式の解説

当社は、SRの次に多く使用している「P2HD」フォーマット

(社内で利用する様々なコーデックによるワークフロー)


各フォーマットの技術的特長


「AVC Intra 100」とHDCAMの画像圧縮の解説と比較

H.264/AVCとMPEG2の映像圧縮の技術比較(字幕ON推奨)


HDCAM-SRの次に多く、当社が、完パケ(完成原版)として利用する、P2HD (AVC Intra100)です。

このコーデックは、NHKの最終原版マスターとしても利用されており、世代間のエンコード特性に優れています。

また、P2メモリーカードを酷使していますが、一度もトラブルはありません。

SRまでの世代間エンコードをしない場合は、P2HD (AVC Intra100)が、最も使用されます。
これは、お客様に納品する前のファイルコーデックとして利用しているもので、手元に渡るのは、
HDCAMであったり、
XDCAMであったりします。

映像コーデック多世代性能の比較

デジタイズ 映像変換 テープ変換 XDCAM HDCAM HDCAM-SR Grass Valley HQX Apple final cut pro ProRes 422 dnxhd dnxhr

上記グラフは、PSNR(Peak signal-to-noise ratio) による、自社独自の測定結果。
ノイズが少ない(グラフが上位にある)ほど、画質が良く、エンコード・デコード耐性があるフォーマット(コーデック)

HDCAM-SRは、SRMASTERと同じ(SQモード 440Mbps)
Avid DNxHDは、220Mbps

ProResは、HQの220Mbpsで比較

映像変換 テープ変換 XDCAM  hdcamsr hdcam-sr srmaster  デジベ エンコード  Grass Valley HQX Apple final cut pro ProRes 422
当社のファイルベース IPネットワーク概念図(ベースバンド系統は別途24回線)

各フォーマット比較表

比較項目 HDCAM-SR (SRMASTER) HDCAM XDCAM-HD
開発年(リリース年) 2003年/2011年 1997年 2008年
媒体形状 カセット(メモリー, mxf) カセット  ディスク or SxS, mxf (OP1a)
コーデック MPEG-4 SStP DCT MPEG-2 HD, 422
色情報 4:2:2 or 4:4:4, 10bit or 12bit 3:1:1, 8bit 4:2:2, 8bit
映像ビットレート 440Mbps or 880Mbps 140Mbps 50Mbps
解像度 1920×1080pixs 1440×1080pixs 1920×1080pixs
映像圧縮率 1/2.7 or 1/1.3 1/7 Long GOP,  1/10
音声特性 24bit, 48KHz 20bit, 48KHz 24bit, 48KHz
音声チャンネル数 12ch (16ch) 4ch 8ch
ダビング特性
ネットワーク連携(LAN) ×(〇) ×
開発メーカー Sony Sony Sony
信頼性 (PDのみ※)
フォーマット寿命 2023年3月まで
SRMASTERは継続
2019年前後まで 現在XDCAMがメイン

※()内は、SRMASTER

※「信頼性」の項目は、当社の使用実績による判定です

※「PD」とは、媒体が、XDCAMプロフェッショナルディスク を指します

比較項目 DNxHD、DNxHR ProRes 422 P2HD
開発年(リリース年) 2008年 2007年 2003年
媒体形状 データ, mxf データ, mov  メモリー, mxf (OP-ATOM)
コーデック VC-3 DCT H.264 (AVC-I )
色情報 4:2:2, 10bit 4:2:2 or 4:4:4, 10bit or 12bit 4:2:2, 10bit
映像ビットレート 220Mbpsが標準 220Mbpsが標準 50Mbps~200Mbps
解像度 1920×1080pixs 1920×1080pixs SD~HD (1920×1080pixs)
映像圧縮率 1/5 1/5 1/5
音声特性 24bit, 48KHz 24bit, 48KHz 24bit, 48KHz
音声チャンネル数 32ch 16ch 8ch
ダビング特性
ネットワーク連携(LAN)
開発メーカー Avid Apple Panasonic
信頼性
フォーマット寿命 HD~16Kまで規格化 SD~8Kまで規格化 社内ワークフローで使用
SD~8Kまで規格化

※映像圧縮率は、同じコーデックで比較しなければなりません。単純に圧縮比だけでの比較はできません。

※「信頼性」の項目は、当社の使用実績による判定です

比較項目 HQX XAVC DVCPRO-HD
開発年(リリース年) 2010年 2012年 2000年
媒体形状 データ, avi データ, mxf  カセット, mxf (OP-ATOM)
コーデック HQX MPEG-4 AVC/H.264 DCT
色情報 4:2:2, 10bit 4:2:2, 10bit  4:2:2, 8bit
映像ビットレート 300~600Mbps 100Mbps 100Mbps
解像度 1920×1080pixs 1920×1080pixs 1280×1080pixs
映像圧縮率 1/2 1/5 1/6.7
音声特性 24bit, 48KHz 24bit, 48KHz 16bit, 48KHz
音声チャンネル数 16ch 8ch 8ch
ダビング特性
ネットワーク連携(LAN)
開発メーカー Canopus / GrassValley Sony Panasonic
信頼性
フォーマット寿命 SD~8Kまで規格化 HD~4Kまで規格化 P2HDに引き継ぎ

※映像圧縮率は、同じコーデックで比較しなければなりません。単純に圧縮比だけでの比較はできません。

※「信頼性」の項目は、当社の使用実績による判定です

当社が利用する 主な コーデック フォーマット

当社の利用状況 フォーマット 目的 コーデック種別
CM・映画・PVなど
HDCAM-SR 完成原版
(お客様保管用)
カセットテープ式(SQ)
CM複製搬入・番組搬入 HDCAM

番組原版・CMプリント用

(放送局など納品用)

カセットテープ式
CM・映画・PVなど SRMASTER プリント用マスター
(お客様保管・社内用)
MXFデータ(SQ)
報道~CM複製搬入
番組搬入
XDCAM 番組原版・CMプリント用
(お客様保管・社内用)
(放送局など納品用)
MPEG-HD422 L50(OP-1a, MXF)
NLE編集用
中間コーデックファイル
当社入稿ファイル
Avid DNxHD, DNxHR Avid MC 編集用
(お客様のNLE素材用)
DNxHD220, HR220(MXF)
NLE編集用
中間コーデックファイル
当社入稿ファイル
Apple ProRes 422 変換依頼時のみ
(お客様のNLE素材用)
MOVデータ
報道~映画まで
NLE・完パケファイル
P2HD (AVC Intra100)

完パケ用(社内用原版)

AVC Intra 100(OP-atom, MXF)
報道~映画まで
中間コーデックファイル
当社入稿ファイル
GrassValley HQX

完パケ用(社内用原版)
(お客様のNLE素材用)

HQX-AVI(600Mbps)

<まとめ>
●高品質を求めるHD完成原版には、HDCAM-SR が最高品質。当社でも高品質を求める、お客様向けに使用。

●テープが無くなる前にSRMASTERまたは、DNxHD220x、ProRes422HQ、Edius HQXなどでファイル化しておけば、

 同じ品質でアーカイブ可能だが、SRMASTERを直接二次利用する際、Avid、FCPなどでトランスコードする必要あり。

●高ビットレートのため、4KになってもSRにしておけば、アップコンしても見劣りしない
●XDCAMは、最初からデータ形式で格納されているので、複製してプリントしても劣化しないので
 ある意味、原版として使用できるが、SRMASTERの方が品質が良い。
●通常のHDCAMは、配布用には、コストバランスが取れていている。
●当社の社内ワークフローの主な完パケ(原版)コーデックは、NHKと同じ、P2HD(AVC-I 100)と、
 次期局用コーデックとして有望な、GrassValley HQX です。(SRまでの世代間エンコードをしない場合)
 民放他局より、NHKの方が番組の画質がいいのは、P2HDで送出しているおかげです。他民放局のほとんどは、
 HDCAMからサーバーへ、MPEGHD L50へエンコードし、送出しています。
 各種コーデックの、エンコード・デコードを繰り返した結果、最も優れているのは、
 GrassValley HQX、AVC-I 100 です。

解説:ティーファイブプロジェクト

<各フォーマットメーカーリンク先>

HDCAM
XDCAM
P2HD