PCで編集する際の注意事項 [2]


デジタイズ 映像変換 テープ変換 XDCAM HDCAM  Grass Valley HQX Apple final cut pro ProRes 422 3-2プルダウン
24P素材を、ノンリニアソフトウェアだけで3-2プルダウンをかけて、XDCAMのMPEG422 LONG50で出力した際に、フレームのまたぎ(前のフレームがカット替わりに見える)が発生しているようです。
コンテンツは、CMだけでなく、PV、番組、アニメなど多岐にわたります。
原因は、
 
1)パソコンのモニターだけで確認していると、フィールドのマタギが判別できない。 (PCのモニターは、プログレッシブ表示なので) ※マスモニでベースバンド表示して確認!
 
2)ソフトウェア処理のみだと、正確に、60i にプルダウンされない。 ※必ず、放送機材を用いて、測定器で、フィールド確認する。
 
 
 
回避方法)
必ず、イントラフレームで24PNなどネイティブ出力できるベースバンド機器で、マスモニも、24Pや30P確認できるモニターを用意し、プルダウンコンバーターを通した後、60i が正確に表示できる、放送用マスモニで、画のマタギを確認することですが、それが出来る機材は、限られています。AvidのDNxHD220か、パナソニックのAVCイントラフォーマットです。それを、XDCAMステーションにベースバンドで記録する必要があります。
(Avidだけ、タイムラインに、別のfpsのクリップを混同させても問題はないが、専用ハードウェアにてベースバンド出力して確認。)
 
当社の場合は、このような、フレームレート変換によるエラーが無いのは、NHKと同じく、AVC- I_100コーデックを使用して、必ずベースバンド変換しているためであり、画がマタぐような処理にはなりません。 容易にパソコンのみで出力できるようになった弊害かと思いますが、基礎をきちんと押さえて、必要な機材をそろえるか、弊社などのJPPA系のポスプロをご利用されることを、おススメいたします。
 
 
補足)
プログレッシブ撮影の場合の注意点といたしましては、30P, 24Pを、マルチカメラで撮影して混在させたりすると、後処理が大変になります。 フレームレートは、ひとつの作品を通して、全て同じにして撮影することが、失敗のないプログレッシブ撮影となります。
また、編集時も、24Pで撮影したものを編集するのであれば、タイムライン設定は、24Pで行うことです。違うフレームレートで編集しないことです。 異なるフレームレートを混在編集でき、問題ないのは、Avid MC だけです。
 
解説: 株式会社ティーファブプロジェクト